【#03】Zend Server for IBM i (Ver 9) 英語版/無償版/Basicの導入方法

<この連載の記事一覧>
【#01】Zend Server for IBM i 導入の前提条件
【#02】Zend Server for IBM i (Ver 9) 英語版/無償版/Basicの入手方法
【#03】Zend Server for IBM i (Ver 9) 英語版/無償版/Basicの導入方法
【#04】Zend Server for IBM i (Ver 9) 英語版/無償版/Basicの初期設定
【#05】Zend Server for IBM i の簡単にできるパフォーマンスアップ術
zendi

エミュレータから以下コマンドでSAVFを作成

CRTSAVF FILE(QGPL/ZENDPHP7) TEXT('Zend Server 9 product save file')

ダウンロードしたsavf をIBM i にFTPでアップロード

※ファイルサイズは約1.4GB
コマンドプロンプト等で、FTP バイナリーで転送します。
cmd01

エミュレータをホストコードページ:939で起動し、SECOFR権限でサイン・イン

ジョブの「CCSID」を確認し、5035,1399以外の場合は5035に変更

CHGJOB CCSID(5035)

以下導入コマンドを実行

RSTLICPGM LICPGM(7PHPZND) DEV(*SAVF) SAVF(QGPL/ZENDPHP7)

以下の「Open変換エラー」メッセージが表示されますが、画面操作せずそのまま待ちます。
cmd02

以下画面が表示されたら、実行キーを押下し、インストールが完了するのを待つ

cmd03

以下画面が表示されインストールが完了、実行キーを押下

cmd04

この記事を読んでいただいてありがとうございます!
consul_PC

The following two tabs change content below.
IBM i (AS/400)のオープン化を中心にサービスを提供するシステム開発会社。最近は、IBM i 上のPHPによる受託開発が多いですが、ソリューションやウェブサービスも順次リリースしていこうと思ってます。 https://www.omni-s.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加